海外旅行で困らないための持ち物リスト

旅行

6月15日(金)兼ねてより議論の的だった「IR(統合型リゾート)法案」が衆議院で可決されました。大型のインバウンド需要を見込める安倍内閣の成長戦略の柱とされているこの政策ですが例によって例の如く、野党は猛反発!!が、数の力でねじ伏せました。

仮に今後参院を通過して施行されたとして、純国産で進めるのか、はたまたアメリカのサンズやウィンなど大手外国資本を誘致して進めるのかはわかりませんが、個人的に旅行者には統合型リゾートはすごく良いと思います。

私はカジノ付きリゾート施設はマカオ、シンガポール、韓国に行きましたが、どこもキラキラしていて夜もテンション高くて、カジノで遊ぶ遊ばないに関わらず、完全な非日常を味わえます。

社会に出てから1年に一度は海外旅行に行っていた私が、海外旅行初心者向けの、万が一の時に困らないための持ち物リスト、持っていくと便利なものを紹介します!!

ちなみにこれまで行ったのは、シンガポール3回、香港・マカオ2回、台湾、韓国、タイ、グアムです。ほとんどアジアですね(笑)

必ず持っていくものリスト

□パスポート これを忘れたら日本を出られません。有効期限がきちんと残っているかも確認しましょう。
□e-チケット控え 航空機に予約を取った控えです。これを持って空港でチェックインすることで初めて航空券をもらえます。万が一忘れても、予約記録は残っているのでパスポートや免許証などで本人確認が出来れば再発行が可能です。便利な世の中です。
□クレジットカード 2種の会社のものを持っていくと良いでしょう。海外で利用できるお店が多いのはVISAMasterCardでしょうか。JCBは意外と利用できる国が限定的なので注意
□現金 普通に食事や買い物はクレジットカードよりも現金の方が便利です。国によっては度々チップを用意しないといけませんので持っていて損することはありません。ただしスリや盗難にに注意!

e-チケット控え
これについては上にも書きましたが、今の世の中忘れてもなんとかなります。だからと言って、荷物を少しでも軽くしたいからとわざと持っていかない、なんてことはしないようにしましょうね。往復分で紙2枚ですから。空港の受付の方も再発行の手続き面倒臭いですよ、きっと。

現金の両替
日本の空港か現地で両替することになるのですが、所持金全てを一度に両替することはオススメしません。あと、旅行先というか両替通貨にもよるのですが、メジャー通貨(米ドル・ユーロ・日本円・英ポンド・スイスフラン)は日本の空港で両替がオススメそれ以外のマイナー通貨に関しては現地での両替がオススメです。これはメジャーかマイナーかで為替手数料に差があるためです。

かなり絞りましたが、正直これだけあればなんとかなります。

必須じゃ無いけど持って行っておくと安心なものリスト

□パスポートのコピー パスポートの顔写真のあるページのコピーは、身分証明書として使用できます。また、万が一パスポート本体を紛失した場合、再発行手続きがスムーズに行きます。
□顔写真2枚(4.5㎝×3.5㎝) パスポート紛失した際、再発行に必要です。無い場合は現地で撮影。
□海外旅行保険 クレジットカードにある程度の保障が付帯されている場合もありますが、きちんとした保険をかけておくと安心です。
□医薬品 海外の食べ物は日本人に合わないことも多く、結構胃がやられたりします。また、気候の変化で体調を崩したりすることもあるので、各種医薬品は持って行って損は無いでしょう。

持っていくと便利なものリスト

□アイマスク、耳栓 飛行機の中で寝るのにあると便利です。
□ネックピロー 飛行機の中って意外と首が安定しないのです。あると寝違えも防げます。
□マスク 濡れマスク系の、湿度を保てるものが飛行機内では神グッズと化します。
□スリッパ 飛行機の中でスリッパを履くと結構リラックス出来ます。
(飛行機にアメニティとして有る可能性有り)
□海外用ポケットwi-fi 各携帯電話会社でスマホの海外定額サービスはありますが、1週間くらいの滞在となると金額はバカに出来ない金額になります。マイナーな国に行くと、日本の携帯電話会社と提携を結んでいる業者がない場合、定額が適用されず100万円を超える請求額になることも!
ポケットwi-fiはあると安心できますね。
□海外用変換プラグ スマホやデジカメの充電をする時に電源プラグをさす必要がありますが、国によって形状が違います。電気量販店などにも各国対応の変換プラグが販売されています。
□タコ足電源タップ 1部屋のコンセントの数は限られていますので、スマホ、タブレット、デジカメなど複数充電したい場合などに便利です。海外の電圧対応のものを購入しましょう(100V〜240V対応と表記されているもの)
□追加バッグ 行きはキャリーケース1個でコンパクトに荷物をまとめられても、帰りはお土産で必ず荷物は増えています。コンパクトに畳めるバッグなどを1つ持っていっておくと便利ですよ。
□カップ麺とかカップ味噌汁 1週間くらいの滞在になると、日本食の味が恋しくなります。海外にも「日清のカップヌードル」などありますが、なんか日本のと違うんですよね。長い滞在の時はあると重宝します。
海外wi-fi

グローバルwi-fiイモトのwi-fiなどが有名どころですが実は結構会社があります。
どの会社のどのプランを選ぶ上でのポイントはこちら
・行き先の国が対応しているか
・4G対応かどうか(旅行先の国が3Gしかない事もある)
・容量ブランは小さすぎないか

後日まとめました!

海外でスマホは定額?格安SIMは?モバイルwi-fiが便利?

2018.06.24

アジア旅行には欠かせないものリスト

□折り畳み傘 アジア圏は亜熱帯、熱帯に属する国が多いためスコールがすごい降ります。それも日本の通雨みたいなイメージではなく、台風みたいな雨になります。コンパクトに持ち歩ける折りたたみ傘がベスト。
□着替え 熱帯圏は年中暑いです。日中に一回着替える余裕があると良いですね。
□長袖の上着 暑い国は、冷やすことがもてなしなので、建物の中は異常に寒いです。暑がりの私でも肌寒さを感じましたので、寒がりの方は上着必須です。

まとめ

せっかく楽しい海外旅行に行くのに、「あれ持ってきておけば良かった・・」と気にするのはなんだか勿体無いですよね。備えあれば憂いなしです!

 

海外旅行は100%楽しみましょう!

次はヨーロッパに行きたいなぁ。

ABOUT US

当サイトでは、普段の生活の中や、TVや新聞、インターネットなどのメディアで取り上げられた情報など、世の中にあふれる「気になる話題」を記事にしております。 ジャンルは絞らず、芸能、スポーツ、政治、生活、PC、健康、旅行など様々です。また、私自身が購入を検討しているものの比較や、あるいは購入し使用しているもののレビューもして行きます。 また、現実に神社の神主として奉職しておりますので、日本に古来より根付く神道にまつわる事柄も語っていきたいと思います。 このブログの記事が、少しでも読んで頂いた方のお役に立てればと思っています。