成人年齢が20歳から18歳になって変わることは?メリットデメリットは?

生活・暮し

2018年6月13日参議院本会議において、『成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる民法改正案』が賛成多数で可決されました。

これにより、2022年4月1日から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます

成人年齢が変わるのは実に約140年ぶりとのことです。

成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることで、どんな変化があるのか、またメリットやデメリットについてまとめました。

成人年齢引き下げの経緯

成人年齢を引き下げるという議論が始まったのは、2016年に施行された「18歳選挙権」がきっかけです。

18歳選挙権』の施行により、それまで20歳以上だった公職選挙の選挙権が18歳以上に引き下げられました。国民投票の投票権については、2018年6月21日より20歳から18歳へと引き下げられることになっています。

公職選挙・・衆議院や参議院の議員、地方自治体議員などを選出するための選挙

国民投票・・憲法改正案が発議された際にその可否を国民に問うための投票

これまで、日本では所謂「成人の20歳」「公職選挙権を得る18歳」「国民投票権を得る20歳」とややこしいことになっていました。しかし、国民投票権も18歳に引き下げられることにより、成人年齢も18歳にするべきではないかという話になったのです。諸外国では、「成人」「公職選挙権」「国民投票権」の年齢が一致している国が多いようですし、そもそも成人年齢が18歳という国も多いのです。

つまり、国際標準に合わせる目的と、これからの日本を背負う若い方に政治に参画してもらおうという目的があります。

成人年齢が18歳になることで変わること変わらないこと

まず大前提として、民法の成人年齢が変わることになります。

つまり18歳から契約の当事者になれるということが大きいでしょう。

変わること

・借金が可能に
・クレジットカードの申し込みが出来る
・女性の結婚年齢の下限が16歳から18歳に
・10年有効のパスポートの発行が可能に(これまでは20歳以上)

現実的には、18歳の大学生の経済力から考えて、借金やクレジットカード作成については審査を通らないと思います。ですのであくまで親の同意がいらなくなるという程度です。ですが判断力がまだ未熟なところにつけ込む消費者金融なども出てくるかもしれません。

結婚年齢については・・どうなんでしょう?娘さんがいるご両親には良いのかもしれません。

パスポートについては、若年のうちに10年パスポートを作成すると写真と骨格などが変わる可能性があったため、作成可能年齢を成人年齢に合わせていただけですので、18歳になっても問題はないかと思います。

変わらないこと

・お酒、タバコ、ギャンブルは20歳以上のまま
・年金納付義務 (今後変わるかも)
・刑事罰の適用年齢(今後変わるかも)

お酒、タバコ、ギャンブルなどはそのままでいいでしょう。いい大人でも酒が回って暴れるわ、ポイ捨てするわ、負けて当たり散らすわ。引き下げる理由が見当たりません。健康被害の点でも懸念されますしね。

年金納付については、無理に引き下げても恐らく支払い拒否者が増加するだけでしょうね。今の年金制度は若い人たちに圧倒的に不信です。引き下げて徴収幅を広げることで、超少子化時代の年金支払いの財源を確保できる見通しがあれば良いのですが、そういうわけにもいかないでしょう。ただ、今後どうなるかはわかりません。

刑事罰というのは所謂「刑法」違反の対象になるということです。現在では20歳未満の犯罪を犯した者に対しては「少年法」が適用されます。報道でも顔や実名などは出せないことになっていますね。未来のある若者がきちんと更生して社会復帰出来るようにするためです
これは変わっても良いと思います。未成年に寄る凶悪犯罪は年々増えています。18歳にもなれば、それがやってはいけないことかそうでないかの倫理判断は出来るでしょう。犯罪を犯してしまったらその重大さはきちんと背負わせるべきだと思っています。

メリットデメリットは?

現状ではあまりメリットは感じられません。今回の法改正に付随して変わっていく中にメリットは出てくるかもしれません。

逆にデメリットという点では、まだ高校を卒業したての社会経験が無く判断能力が未熟な若者をターゲットにする悪徳業者が必ず出てきます。業者から見れば、定義上成人と言ってもまだまだお子ちゃまとしか見てませんから、カモですよ。

もちろんこの成人年齢引き下げ法案の議論の際にはこういった問題には対策を立てています。教育でなんとかする!と・・
つまり高校卒業までの教育期間の中で、そういった社会的判断が出来るように教育するということです。学校ですると決まっている訳ではありませんが、学生は1年のほとんどを学校で過ごしている訳ですから、学校教育の一環となってくるのでしょう。教師の方々にはいい迷惑かもしれません。

まとめ

今回は私たち既成人の視点でまとめていますが、もしかしたら高校生、中学生の中には内心ワクワクしている方もいるかもしれません。大人と認められる訳ですからね。

ただそういったキラキラした思いとは裏腹に、ほくそ笑んでいる悪徳業者が間違いなくいるはずです。しばらくは私達大人が守ってあげる必要があるでしょう。

ところで、成人式どうなるんでしょう?2022年度に18歳、19歳、20歳の成人式まとめてやるんでしょうか?もしそうだとしたら、振袖ものすごく早めに予約しなきゃですね。(「は○のひ」みたいな業者には気をつけましょうね)