経験ゼロからWEB業界へ転職を目指す人へ!WEBデザイン技能検定3級勉強法!




11月25日(日)にウェブデザイン技能検定3級を受験してきました。

今からWEBデザイナーを目指す人なら取得を目指してもいいかもしれないこの資格。

今回は私が受験した3級にフォーカスしながら、私なりの勉強法など紹介します。

そもそもウェブデザイン技能検定ってどんな資格?

WEBデザイン技能検定は、厚生労働大臣指定機関である、インターネットスキル認定普及協会という組織が実施する試験です。

試験範囲や知識深度によって3級〜1級まであります。(今回私が受験したのは3級です。)

合格すると、「ウェブデザイン技能士」という資格がもらえます。

この資格、WEB業界では唯一の国家資格と言われています。

これからWEB業界に転身しようという方は、持っていて損にはならない資格です。

ウェブデザイン技能検定難易度は?

平均的な合格率ですが、

1級で約10〜20%、2級で40〜50%、3級で60〜70%程だそうです。

1級はやはりかなり難しいようですが、3級に関しては少し勉強すれば余裕で取得できるレベルと言えるでしょう。

ただし、それだけに3級では客観的なスキルの証明にはならないでしょう。就職に役立てたいのなら、せめて2級までは取得を目指すべきだと思います。

検定内容と合格点

3級の検定内容としては

  • 実技(60分)
  • 学科(45分)

となっていまして、合格ラインはそれぞれ70点以上とされています。

ただし、実技につきましては、6問中5問を選択して回答するのですが、各問毎に6割以上の得点率が無いと足切りになるようです。

とはいえ3級ではあまり心配するようなことでもなさそうです。詳しくは後程書きます。

ウェブデザイン技能検定3級に合格するための勉強法は?

公式ホームページを見ると、公式のテキストと過去問集がいくつかあります。

▼▼▼3級過去問集▼▼▼

これを購入して勉強すればまず間違いないでしょうが、私は買っていないので正直内容はわかりません。

私の勉強方法はこんな感じでした。

実技は簡単なコーディングスキルがあれば十分!

実技に関しては、2014年以降にHTML&CSSでWEBページをコーディングしたことのある方なら楽勝だと思います。

WordPressなどのCMSや、Dreamweaverなどのアプリではなく、テキストエディタで0からコーディングをしたことがあれば非常に簡単な問題ばかりです。

コーディングなんてしたことないし、どんなアプリを使って勉強していいかわからない!という方には、「Progate」をおススメします!
>>オンラインでプログラミングを学べる「Progate」

オンラインでHTML&CSSの基礎を学べます。動画とかではなく、最初にスライドでどのような内容かを学び、その後ブラウザ上で実際にコーディングしてみます。

手を動かしながらのほうが圧倒的に身に付きますよ!

一定のレベル以上に行くと月額制にとなるのですが、3級のレベルなら無料で学習できる範囲で十分です。中級を軽くこなせるくらいを目指しましょう!

出題の傾向ですが、大まかに

  • リンクをきちんと貼れるか
  • 問題に示されたフォルダ構成に従って必要なフォルダの作成およびファイルの格納
  • 相対パスによるリンク
  • 背景画像の表示
  • 指定された部分の文字色や背景色を変える

とこんなところですね。

公式で配布されている過去問は一回分しかありませんが、これをきちんと理解できていれば十分だと思います。
>>ウェブデザイン技能検定練習問題(公式ホームページ)

私はこの試験直前にWEBサイトを一見コーディングしていたため、練習問題一回だけで何とかなりました(たぶん)

採点の仕方については明示されていませんので、出来たという自信があれば出来ているのではないでしょうか?(おいっ!)

気を付けないといけないのは、勢い余って6問全て解答してしまうことです。もし全問解答しますと、問答無用で不合格だそうです

学科は過去問を繰り返しやるだけ!

学科については正直過去問の勉強だけでいいかと思います。

今回私が受験した試験では、25問中14問が過去問からの焼き直しでした。

過去問については、公式ホームページには3回分しかないですが、実は直リンクで行くと10回分ぐらいあります。

問題の解説が無いのでこれだけでは勉強しにくいですが、私はこのサイトをめっちゃ活用させていただきました。
>>WEBデザイナーの資格を取ろう!!

過去問への直リンクが貼られており、なおかつ各回の解説がしっかりされています。

私はこのサイトを参考書代わりにしながら、過去問10回分を2周分やって、本試験に臨みました。

その10回分の中から本試験で14問出てきたのですからラッキーですよね!(1問4点なのでそれだけで56点です)

所見の問題に関しては2問ほど間違っていましたが、それでも余裕で合格点を超えていますので、過去問勉強法はかなり有効です。

ちなみに試験時間は45分ですが、時間が足りなくならないかな?とか、全然気にしなくてオッケーです。過去問10回分を全部100点を取れるようになる頃には、10回分を30分ほどで終わらせることが出来るくらいになっていると思いますし、そのレベルなら本試験は10分で終わります。

受験地については確認しておいたほうがいいです!特に地方の方!

この資格、何が一番厄介って受験地がかなり限定されていることです。

島根在住の私は岡山に受けに行きました。次に2級を受けようと思ったら大阪ですよ!

すごくコスパのいい国家資格だなぁ」なんて思っていたら、島根在住の私には旅費でコスパの悪い資格になってしまいました。

自分はマイナーな県に住んでいると思われる方は要注意です!

まとめ

私はWEBエンジニアを目指して勉強しており、WEB業界に参入したくてこの資格の取得を目指しました。

3級ではあまりコーディングスキルは問われないので、最近WEBに興味を持った方でも比較的取得しやすい資格だと思います。しかも国家資格

ただし、国家資格とはいえ難易度が低いため3級程度では評価の対象にはなりませんので、2級以上を目指したほうがいいですね。

つまりこの資格は『未経験からWEB業界に転職を目指す方』に、業界への入り口としておススメです!